有馬記念2015予想 まずは過去の傾向から

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ(もう)2015年も有馬記念。予想も最後はビシッと的中させたいところ。メンバーはゴールドシップをはじめ、ショウナンパンドラ、ラブリーデイらのジャパンカップ上位組、キタサンブラック、リアファル、ルージュバッグの3歳勢、などなど多彩な顔ぶれで、予想のしがいもありそうです。まずは、いつも通り過去の傾向から振り返っておきます。

有馬記念の過去の傾向

有馬記念2015

【2014年】7.0 – 11.8 – 12.3 – 12.6 – 12.5 – 13.6 – 13.2 – 13.0 – 12.3 – 12.4 – 11.5 – 11.2 – 11.9 2.35.3
【2013年】6.9 – 11.1 – 12.3 – 11.6 – 12.4 – 12.8 – 12.4 – 12.0 – 11.8 – 12.3 – 12.6 – 11.8 – 12.3 2.32.2
【2012年】7.0 – 11.3 – 11.6 – 12.0 – 12.2 – 12.7 – 12.6 – 12.5 – 11.9 – 12.1 – 12.1 – 11.9 – 12.0 2.31.9

昨年は中盤に相当緩んで、ほとんどラスト3Fの勝負。上がりも有馬記念ではあまり見かけない33秒台が数頭いて、ジャスタウェイに至っては33.4。ジェンティルドンナは内枠から3番手を先行してそのまま押し切り。2着で穴をあけたトゥザワールドも内枠から縫うように瞬発力を活かした。このトゥザワールドの激走からも軽いレース質になったことがわかる。ジェンティルドンナはディープ×ダンチヒ、トゥザワールドはキンカメ×SSの血統もこのレース質なら。ゴールドシップについては4角までに先団に取り付けるかどうかの馬なので、スローも手伝ってうまく運べたという結果。
それ以上のスローの展開になったのはオルフェーヴル3歳時の2011年。この年は道中で14.4 – 14.3を刻む超スローでラスト3Fは11.4 – 11.3 – 11.3で減速せず。結果はオルフェーヴルがねじ伏せたものの、2着エイシンフラッシュ、3着トゥザグローリーはともに瞬発力よりのタイプで、トゥザワールド同様内目の枠からロスなく差してこれた馬。ちなみにトゥザワールドとトゥザグローリーは全弟の関係で、似たようなレース質での好走だ。エイシンフラッシュはキングズベスト×プラティニ。キングマンボが強いなあ。

対して持続力勝負になったのは2013年と2012年。
2013年はオルフェーヴルのラストラン。ラップの通り、重い馬場での低速戦の持続力勝負というオルフェーヴル自身が最も得意とする展開になった。2着以下の低レベル戦も相俟って8馬身差の圧勝。2着ウインバリアシオン以下の上がりは37秒台なので相当かかっている。このレース質からすればゴールドシップの内容は不満だなー。ウインバリアシオンはハーツクライ×ストームバードで体力豊富で持続力もある、どちらかというと重苦しい適性の持ち主。
2012年は2013年ほど重い馬場ではないが、こちらも持続力が問われる展開になった。レースレベルはそれほど高くはない。ゴールドシップが外差しで穴をあけたオーシャンブルーはイン差し。瞬発力に寄ったエイシンフラッシュが最後失速していることからも持続力、体力が求められたことが読み取れる。相変わらずステイゴールドは強く、オーシャンブルーの父もステイゴールド。

【2010年】6.9 – 11.4 – 12.0 – 12.3 – 12.7 – 13.4 – 13.5 – 12.3 – 11.5 – 12.0 – 11.7 – 11.1 – 11.8 2.32.6

両者の真ん中なのでが2010年。この年はヴィクトワールピサ-ブエナビスタのハイレベル戦で、ヴィクトワールピサがスローからの5F戦を抜け出したところをブエナビスタが追い詰めるも僅かに届かずという内容。このブエナビスタの走りはほんとうに強い。それは置いておいても、総合的に高い適性が問われたレースで、ヴィクトワールピサはネオユニヴァース×マキャベリアン、ブエナビスタはスペシャルウィーク×カーリアンという血統。内目の枠が有利なのは変わらず。

ここ5年をぞっと振り返ってきたけど、パターンとしては大きく2つあって2014年、2011年のようにスローから瞬発力が問われる展開が1つ。この流れになると中段から瞬発力を使ってのイン差しが穴を開ける。血統はキングマンボ系がいい。トゥザワールド、トゥザグローリー、エイシンフラッシュ。もうひとつはペースが緩まずに持続力勝負になるパターン。こちらは体力タイプが台頭する。ウインバリアシオンやオーシャンブルーなど。血統はステイゴールド、ハーツクライなどスタミナ型のSS系。ただどちらのパターンもコース形態から内枠有利なのは変わらない。

果たして今年はどちら寄りの展開になるかが重要になってくるわけだけど、先行馬はリアファルくらいなので、スローになるのが濃厚かなと。そうなると狙うべきは?少し長くなってきたので各馬の分析については次の記事で行います。続く。

予想記事その2→有馬記念2015予想その2 ジャパンカップ、菊花賞組の評価は
予想記事その3→有馬記念2015予想その3 エリザベス女王杯組、ゴールドアクター、アルバートほか

最終結論はこちら→有馬記念2015予想 中山の馬場を踏まえて最終結論!

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする