青葉賞2016予想 ◎ヴァンキッシュラン

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青葉賞2016の予想です。ディーマジェスティ、マカヒキらの皐月賞組に対抗すべくプロディガルサン、メートルダールなどなかなかハイレベルなメンバー構成になった今年のダービートライアル。予想のほうも楽しめそうなので、さっそく進めていきます。

青葉賞の傾向

まずは過去の傾向から。

青葉賞2016

【2015年】12.7 – 11.1 – 12.4 – 12.8 – 12.9 – 13.3 – 13.1 – 12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.6 2.26.9
【2013年】12.5 – 11.6 – 12.5 – 12.7 – 12.6 – 12.9 – 12.5 – 12.3 – 11.9 – 11.4 – 11.6 – 11.7 2.26.2
【2012年】12.3 – 10.8 – 12.0 – 12.9 – 12.9 – 12.8 – 12.5 – 12.5 – 12.1 – 11.6 – 11.2 – 12.1 2.25.7

ラップはゆったり入ってからの瞬発力勝負が基本で、2015年や2012年では直線で11.2まで加速している。時計も速くなることはなく、ここ5年で最速は2012年フェノーメノの2.25.7。低速戦での瞬発力が問われやすく、2400mという距離からは体力もあるほうがいい。レーヴミストラル、ウインバリアシオンの適性を思い浮かべる。内外は、枠でみると内~中枠が活躍している一方、4角位置でみると2桁の通過順位からの外差しも決まっている。道中はロスなく進めて、4角で外に出すというイメージかな。

血統は、ディープ、ハーツクライ、ゼンノロブロイといった2400mでいかにもという血統が中心。母父で見ると、ストームバード、ダンチヒ、ヌレイエフなどのノーザンダンサー系が好相性。この中には穴馬も何頭かいるので注意しておきたい。ローテーションは、大寒桜賞、山吹賞といった2200m以上の距離からのステップがよさそうで、近年は特にその傾向が強い。今年も何頭かいるので、要注目。

青葉賞2016の有力馬分析

次に有力馬の分析です。

プロディガルサン、メートルダール

プロディガルサンは少し間隔があいて東スポ杯以来。芙蓉Sから東スポ杯でパフォーマンスは上げてきたものの、スマートオーディンには完敗という内容でレベルは500万〜1000万クラス。2歳当時としてはまずまずでも3歳のこの時期で考えると、このメンバーなら上位ではない。なので、この条件で伸ばしてくる必要があるという立場。血統がディープ×ストームキャットでリアルスティールの全弟なら、期待のほうが大きくはなるけど、中間で頓挫はあったしオッズと相談して決めるしかないかなという感じ。

メートルダールも共同通信杯以来のレース。京成杯、共同通信杯はともに3着でも内容は優秀。京成杯は内枠で位置取りが後ろになってからの33.9の上がりで詰めてきたし、共同通信杯はディーマジェスティには劣っても仕掛けが遅れたことを考えると古馬1000万以上の判断はしていいはず。ゼンノロブロイ×シルヴァーホーク×サドラーズウェルズの血統、体力面も問題なく適性はクリア。極端な外枠を引かなければ信頼度は高いかな。

マイネルハニーのフリージア賞、スプリングSは適性的にばっちり嵌っての好走で内容も優秀。今回の課題は、瞬発力と距離。過去の傾向からは11秒台前半を刻むのでキレ負けする可能性が高く、距離もマツリダゴッホ×ナリタブライアンたど不安もある。ベストはここ2走のような中距離戦での重いレース質だと評価しているので、ここは少しずれるかも。

レーヴァテイン、ヴァンキッシュラン

【レーヴァテイン500万】12.9 – 11.8 – 12.6 – 12.9 – 13.3 – 12.7 – 12.7 – 13.0 – 13.0 – 11.3 – 11.1 – 11.2 2.28.5

レーヴァテインの500万はヴァンキッシュランが降着ということで1着繰り上がり。内容を見れば内を立ち回ったヴァンキッシュランよりレーヴァテインの評価できる。レースはラップの通りドスローからの3F勝負。レベルはスロー過ぎて測りにくいものの、5着ジョルジュサンク、4着リッチーリッチーもその後活躍していることからは高い評価をしていいと思うし、重賞からのステップと差はないと見ている。適性的にも青葉賞向きで、血統もレーヴミストラル、アプレザンレーヴの半弟ディープ×レーヴドスカーで文句なし。まだまだ伸びしろもあるし、狙ってみたい一頭。

【アザレア賞】13.0 – 11.8 – 13.0 – 12.6 – 12.3 – 12.5 – 12.5 – 11.9 – 11.8 – 11.0 – 11.8 – 11.7 2.25.9

ヴァンキッシュランのほうは次走のアザレア賞で500万突破。新馬戦から1800m→2000m→2400mと延長しつつパフォーマンスを上げてきたここまで。上の500万も優秀だし、アザレア賞も1000万くらいのレベルにはある。今回の課題は、デムーロJ→内博Jのテン乗りと、切れ味勝負なると対レーヴァテインには分が悪いというところくらい。ディープ×ガリレオなので、重いレース質になったほうがいいかもしれない。

【大寒桜賞】12.7 – 11.2 – 11.8 – 12.8 – 12.8 – 12.6 – 12.3 – 12.3 – 11.6 – 11.2 – 11.9 2.13.2

レッドエルディストの大寒桜賞もなかなか内容のある走り。レーヴァテイン、ヴァンキッシュランには劣るものの、時計的な価値はこれも500万~1000万レベルにはあるし、4着カフジプリンスは先週の新緑賞勝ち。超高速馬場だったということを加味しても上がり33.8を出したのは評価が必要になってくる。ゼンノロブロイ×ダルシャーン×Alzaoの血統もこのレース向きで距離延長もクリアしてきそう。

【水仙賞】12.3 – 10.8 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.9 – 12.9 – 12.1 – 12.0 – 11.3 – 12.1 2.13.8

アルカサルもレース質は違えどレッドエルティストと同レベルの評価。水仙賞は持続力よりの適性が問われたレースなので、いつもの青葉賞とはずれるかもしれないが、ペースが上がればハマる可能性はある。父ドリームジャーニーなので東京より中山のほうがいいだろうけど。

東京芝の馬場傾向

次に先週の東京芝の馬場傾向を見ていきます。

2回1週東京

今週の馬場情報はJRA公式HPから→馬場情報

フローラステークスではチェッキーノが大外枠から快勝したように、特に日曜日は外差しが決まる馬場。時計はやや速めで、準OPの府中Sでハイペースで流れて1.59.3。血統は、2000m以下ではキンカメが好調。2400mは土曜日メトロポリタンSがディープ×ブライアンズタイム、フジキセキ×ノーザンテースト、ブライアンズタイム×SSが1~3着という結果。パワータイプ寄りになっているのか、中山開催に続いてロベルト系には注意しておきたい。

明日の天気予報はこちら→気象庁ホームページへ

集中の雨の影響は多少あっても週末は晴れ予報で良馬場でのレースが濃厚。基本的には先週と同じ馬場を想定して内外もフラットで考えておく。

青葉賞2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→青葉賞2016の枠順

◎ヴァンキッシュラン
△レーヴァテイン
△メートルダール
△レッドエルディスト

(買い目:◎単勝、◎→△の馬連、馬単、三連複、三連単)

◎はヴァンキッシュラン。有力馬の中では内目の枠を引いたし、4月に一度使ったローテーションは有利になるのかなと。ここまで距離を延ばしてパフォーマンスを上げてきたし、今回も適性面は問題なし。マイネルハニーがいるので、レーヴァテインとの500万のレースよりは流れるはず。

△にはそのレーヴァテイン。能力は高く、血統もばっちり。今回は少し間隔があいて2月以来になったこと、13頭立てでも大外枠なので相手までの評価。メートルダールも能力は上位だし、1800m→2400mもプラスに出る可能性が高い。母父はシルヴァーホークでロベルト系。ただ、メートルダールも共同通信杯以来というローテーション。最後はレッドエルティスト。青葉賞と相性のいい大寒桜賞組で内容もいい。血統から2400mへの延長も問題なし。

今週の重賞:
天皇賞春2016

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする