アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2016予想 中山も雪予報で難解……

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2016の予想です。中山のほうも雪が心配されて、開催自体がどうかという現状ですが、予想のほうは進めていきます。土曜日は途中小雨も降ったようですが。まずは中山の馬場傾向から。

※各馬の分析についてはこちら→アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2016予想 ディサイファほか有力馬の分析

中山芝の馬場傾向

1回3週中山

まずはAJCCと同じ2200mの3歳未勝利戦から。後半1000mでペースが上がってこのコースらしい持続力勝負の展開。好位中からミライヘノツバサが抜け出し、2着ユニゾンデライトは逃げ、3着マイネルクラフトは好位の内から。時計は先週と変わらない水準。血統は1,2着がともに父ドリームジャーニー、3着も父ステイゴールドなのでステイゴールドが上位を独占し、2,3着はどちらも母系はロベルト。この辺もこの開催のトレンド通りかな。続く6Rは新馬戦マイル。ラスト2Fが11.6-11.6のスローで好位外からミエノドリーマーが勝利で2,3着も外目の進路。1~3着はどれも父母のいずれかがノーザンダンサー系。

9R若竹賞は1800mで内回りのレース。ゆったり入って後半の4Fの勝負になって、クィーンズベストをゴール寸前でジークカイザーが差し切り。ジークカイザーはディープ×ミスプロ系で、9番人気ゲッカコウはロージズインメイ×シンボリクリスエスでまたもやロベルト持ち。最終2000m500万は好位からオウケンブラックが快勝。オウケンブラック、アドマイヤピンクはどちらも前走2200mからのステップで、このレース以外も距離短縮は良さそう。時計は古馬500万で2.01.5なので先週と同じ水準かな。アグネスデジタル×アサティス、キンカメ×ストームキャット系のワンツー。

ざっと見てきたけど、中山芝は基本的に先週の日曜日から変わらずという感じ。時計は標準レベルで、中距離になると内の先行馬が残りやすく、外差しにはきつい傾向。血統もロベルト系、ノーザンテーストをはじめとするノーザンダンサー系が強く馬力も必要な馬場が継続している。

関東地方はこれから雪予報なので、ここから重くなる可能性が高い。一応稍重の想定で予想します。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)2016の予想

枠順はこちら(netkeiba様へのリンクです)→AJCC2016の枠順

ディサイファ、マイネルフロストの人気2頭は揃って内枠に。先行するのは7枠のキンカメ2頭、スズカディビアスとヤマニンボワラクテ。内の2頭とサトノラーゼンは好位の内から。ライズトゥフェイム、ショウナンマイティは追い込みに賭ける。序盤はゆったり入ることになると思うけど、過去の傾向からも後半の持続力勝負が濃厚。雪で馬場が悪化すれば、持続力に加えて、体力、馬力が問われるレース質になる。

◎ステラウインド
○ディサイファ
▲サトノラーゼン

◎はステラウインド。昨年と比較するとメンバーは落ちてレベルは上がりそうにない。加えてディサイファは距離が1F長く、馬場が重くなれば体力面で不安が出てくるわけで、さらにハードルは下がる。ステラウインドの中山金杯は、4角ではいい位置にいたものの、キレ負けという内容。父ゼンノロブロイで瞬発力はないのであの流れでは差してこれない。どれだけ重くなるかは明日になってみないとわからないけど、良馬場でも金杯よりは持続力寄りになるのは確実なわけで条件は好転する。履歴を振り返っても、ベストパフォーマンスは500万を勝ったときの中山2200m。当時とは馬場が違えど、ダイヤモンドSからは体力面にも不安はない。母父スピニングワールド×バンブーアトラスでノーザンダンサー系でもある。AJCCは実績馬が強いレースではあるけど、今年のメンバーなら一発期待していい。

◯はディサイファ。昨年の一連のレースを見れば57KGでも最上位なのは間違いない。特に札幌記念、金鯱賞は強い内容。課題はやはり体力面で2200mへの延長はプラスではないことは確か。ディープ×ドバイミレニアム×ダンチヒから延びていい感じはない。重馬場自体は得意なほうだと評価しているけど、体力面の不安は大きくなる。能力を考えれば大崩れはないと見ているが、金鯱賞よりは良くない条件なので対抗まで。▲もディープ産駒サトノラーゼン。秋の走りは評価していないし、ダービー、京都新聞杯も高速馬場と内枠が好走の要因だと考えれば能力的にはこのメンバーでも上には取れない。ただ今回は4歳の伸び代と、ロベルト系×カーリアンの血統、ベリー騎手を評価して印は回しておく。

3頭以外にも、スズカディビアスとヤマニンボワラクテの先行馬2頭、金杯組のマイネルフロスト、ライズトゥフェイム、ルメールJのスーパームーン、父ステイゴールドのショウナンバッハ、母父トニービンのマイネルディーンなどなど可能性のある馬は多いし、それに加えて雪。難しい一戦ではある。

現時点ではどこまで雪の影響が出るのかわからないので、またTwitterでつぶやきます。

東海ステークスの予想はこちらから→東海ステークス2016予想 雪舞う中京ダートは凍結防止剤の影響で

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする