アイビスサマーダッシュ、クイーンステークス2015 過去の傾向から

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週からは新潟、札幌、小倉開催に替わって、夏競馬も後半戦突入といった趣き。重賞レースはアイビスSDとクイーンSの2つ。いつも通りまずは過去の傾向を掴んでおく。

アイビスサマーダッシュ

アイビスSD2015

 基本的には外枠有利というのが新潟1000mの特徴だといっていいと思うけど、アイビスサマーダッシュもその傾向通り外枠の活躍が目立つ過去5年。2014年は7枠が2頭、2013年の7枠が2頭絡んでいる。2012年は8枠がワンツー。それとなぜか2枠がここ5年では毎年馬券になっていて昨年はセイコーライコウが2枠から勝っているし、他にはフォーエバーマーク、エーシンヴァーゴウ、マルブツイースター。
 適性的には、新潟1000mではダート経験のある馬が活躍するようにテンの速さとダート質というのがキーワードになってくる。ハクサンムーン、エーシンヴァーゴウ、カルストンライトオはそのタイプ。血統的はノーザンダンサー系。昨年のセイコーライコウは父クロフネ、2着フクノドリームは父ヨハネスブルグ、3着アースソニックは父クロフネで、ノーザンダンサー系が1~3着を独占したし、2013年もフォーエバーマーク、エーシンヴァーゴウも該当してくる。ノーザンダンサー系以外だとハクサンムーンのミスプロ系やカノヤザクラのサクラバクシンオーなど。それから鮮度があることも重要で、いままで新潟1000mの経験が少ない馬を選びたい。

 まとめると、外枠(2枠?)で、テンが速いこと、ダートでも走れそうなタイプであること、鮮度、血統的にはノーザンダンサー、次いでミスプロ、サクラバクシンオーが好走する傾向にある。

クイーンステークス

クイーンS2015

 【2014年】12.3 – 11.3 – 11.5 – 11.3 – 11.4 – 11.5 – 11.8 – 12.4 – 12.2 1.45.7
 【2012年】12.3 – 11.4 – 12.1 – 12.1 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 11.7 – 11.8 1.47.2
 【2011年】12.4 – 11.0 – 11.7 – 11.6 – 11.7 – 11.9 – 12.1 – 12.0 – 12.2 1.46.6

 もっと内有利の傾向が出ていると思っていたけどそうでもなさそう。ラブフールやコスモネモシンなど8枠からの差し馬も馬券になっていて、例年外差しもまずまず効いている。
 ラップを並べてみると、小回りローカルの重賞らしく持続力勝負のレースになりがち。2012年については序盤ペースが上がらずにスローよりではあるけど、11秒~12秒台前半を並べるラップになっている。2011年はラスト3Fは12秒台が並んでいるようにハイペースからの持続力勝負でアヴェンチュラが押し切り。昨年は屈指のハイレベル戦で、キャトルフィーユ、アロマティコ、スマートレイアーが強い内容だった。昨年で印象的なのはディアデレマドレが伸びきれなかったことで、そのことからも持続力が問われたレースだったといえる。上がりもラブフールの33.7を除けば概ね34~35秒台前半くらい。時計面については、昨年はレベルが高かったので、45秒台での決着になっているけど、例年は良馬場、アイムユアーズはじめ持続力と体力、馬力の適性。血統はディープ産やファルヴラヴあたりで、穴をあけているのは、ラブフール、コスモネモシンのゼンノロブロイやピエナビーナスのフジキセキ。
 それから3歳馬の活躍も目に付く。斤量が軽いので、クラシック戦線で好走してきた3歳牝馬なら通用してしまう。過去に好走しているのは、アイムユアーズ、アヴェンチュラ、アプリコットフィズといった王道路線である程度の結果を出してきた馬たちだ。今年はノットフォーマル、ファインドヌーヴの2頭が登録している。

 ざっと傾向はこんな感じになってますね。これらを踏まえて各馬の分析に入っていきます。続く。

予想の参考になりましたらシェアをお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする